診療内容

TREATMENT

一般歯科

痛みの少ない治療を心掛けております

一般歯科の分野では、歯が痛い・腫れた・冷たい・熱いものがしみるといった症状、むし歯の治療をはじめ歯周病の予防や歯槽膿漏、歯の欠損部を補う治療などを行います。

むし歯や歯周病は放っておいても自然に治ることはありません。少しでも歯や歯茎に違和感を感じたら、お早めにご来院ください。

歯医者さんでの治療は痛いと思われる方は多いです。確かに、歯を削ったりする時には痛みを伴います。
当院では、痛みの不安やストレスの少ない治療を心がけています。表面麻酔をしっかり効かせてから麻酔をするので、痛みや違和感がほとんどなく、痛みに敏感な方でも安心して治療を受けていただけます。

自信あふれる笑顔のために

「目立つ銀歯をどうにかしたい・・・」
「治療したいが銀歯は入れたくない・・・」
こうした美容意識の高い現代のニーズに応えるべく世界中の歯科医が採用している先進のセラミック治療が可能になる、ドイツで生まれたCEREC(セレック)を導入いたしました。

セラミックの歯は、天然歯とほぼ変わらない見た目と噛み心地で、金属アレルギーの心配がなく、虫歯になりにくい特徴も持っており、従来の銀歯(金銀パラジウム合金)による治療法と比べ身体に優しい治療です。
治療時間も非常にスピーディーです。

小児歯科

子供が大好きなスタッフが、優しく治療を行います。

子供は小さな大人ではありません。むし歯の治療であっても大人とは治療法も違い、治療に使う薬も大人用と異なります。
小児歯科では歯が生え始める前の0才児から、親知らずを除く28本の永久歯が萠えそろう中高生位までの口腔内の発達を踏まえた治療を行う歯科の領域です。
また、それぞれのお子様の年齢と、それによる心理的・身体的・口腔的特徴をふまえ、むし歯の予防・治療を総合的に考慮した治療を行います。

保護者の方とスタッフを結ぶ「歯のれんらくちょう」

当院では、オリジナルの「歯のれんらくちょう」を制作いたしました。
この「歯のれんらくちょう」は、お子様の歯の状態や治療内容を保護者の方にお伝えし、保護者の方からスタッフへ質問や要望を伝えるツールです。
また、継続してご来院いただくことでお子様のお口の成長記録としてもお使いいただけます。

インプラント

歯周病や不慮の事故で失ってしまった歯の代わりにあごの骨に埋め込む人工の歯根をインプラントといいます。 そのインプラントの上に人工歯冠(クラウン)を取り付けます。あごの骨に埋め込むためあごの骨がしっかりとしている必要があります。
インプラントは、入れ歯よりも美しく、ブリッジのように健康な歯を削る必要がありません。
土台(インプラント)が固定されているため天然の歯のように固いものもしっかりと噛むことができるのが特徴です。

    このような方におすすめ

  • ●健康な歯を削りたくない 例えばブリッジ治療を選択した場合、抜け落ちた歯の左右両隣の健康な歯を削り土台にしていきます。インプラントでは健康な歯を削ることはありません。
  • ●部分入れ歯が合わない 部分入れ歯では左右の歯に金属のバネをかけるため、バネも含めて違和感を感じやすいです。 インプラントでは歯が抜けた場所にきちんと合う義歯を埋め込むため、ご自身の歯とほぼ同じ感覚でお使いいただけます。
  • ●入れ歯が合わない 入れ歯はずれやすいため、噛みにくい、発音がしづらいと感じることがあります。インプラントは顎に埋め込むため、ずれるこ

インプラントのメリット

  入れ歯 ブリッジ インプラント
 
見た目 口の中で目立つことがあります。 使う素材により、見た目が異なります。 天然歯との差はほとんどありません。
噛みやすさ 自分の歯の約1/2~1/3の力で噛むことができます。 天然歯とほとんど同じ力で噛むことができます。
土台の歯が弱まると噛む力は弱くなります。
自分の歯とほとんど同じ力で噛むことができます。
違和感 食事や会話の時に動いたり取れることがあります。熱が伝わりにくいです。慣れるまでに数週間から数ヶ月かかります。 ほとんどありませんが、装着部に隙間ができるため、違和感を感じることがあります。 顎に固定されているため、動いたり違和感を感じることはほとんどありません。
他の歯への負担・影響 バネをかける歯を一部削り、またバネをかけた歯が削れる、弱くなることがあります。 ブリッジを固定するため隣の歯を削ります。 他の歯に負担をかけることはほとんどありません。
耐久性 定期的に調整や作り替えが必要になります。 定期的な調整が必要です。(使う材料により異なります) 定期的な調整が必要です。
費用 保険適用か自由診療対応です。 保険適用か自由診療対応です。 自由診療のみです。

矯正歯科(透明なマウスピースによる矯正)

当院の矯正歯科では取り外しのできる透明なマウスピースで歯を動かしていきます。
無色透明のため、装着していることがほとんどわかりません 。
マウスピース調整は適応できる症例に限りがございます。複雑な歯並びの場合はできない場合もあります。

    このような方におすすめ

  • ●周りの人に気づかれずに矯正治療をしたい 装置をつけていても、つけているということがあまり見た目でわからないため、接客業の方などにもおすすめです。
  • ●普段通り食事ができる 食事の際には装置を外していただけますので、普段通り食事を楽しめます。
  • ●異物感や痛みが少ない マウスピースのため、デコボコした装置の違和感がありません。また、歯の移動時の痛みが少なく、装置がお口の粘膜に当たる痛みもありません。
  • ●金属アレルギーの方も可能 金属は使用しないため金属アレルギーの方も心配がありません。

小児矯正

正しい歯並びにすることでお口の健康だけではなく、体全体の健康のバランスを正すことができます。
また、体が健康になると自然と心も健康になっていきます。
矯正を通して少しでも明るく、幸せな日々を送ることができるよう子供の頃の矯正を重視しています。
歯並びは生涯を通じて大切なものでございますので、お子様の歯並びでお悩みの方は是非当院までご相談ください。

小児矯正のメリット

  1. 集中力が増す

    噛み合わせが良くなり噛むことがしっかりできるようになると、脳細胞への刺激が上手く行きわたり、集中力が増すことが期待されます。
  2. 顔立ちや姿勢が良くなる

    子供の矯正治療の場合は、骨の成長期を利用し、お口周りの骨が正しく発育するように促していく処置を行っていきます。
    顎が正しい位置で正しく発育することにより、顔立ちもきれいになり、骨格の歪みも少なく、良い姿勢になることができます。
  3. 虫歯になりにくくなる

    歯並びを整えると歯磨きがしやすくなり、口腔内のケアがうまく行き届くようになります。
    また、矯正器具を付けている最中は丁寧なケアが必要になり、長期間行うことで習慣として子供の身に付きます。そのケアの習慣が大人になっても引き継がれ、自然と虫歯や歯周病などにかかるリスクが低くなります。
  4. 笑顔に自信が持てる

    小さなお子様も見た目のコンプレックスは気になるものです。歯並びを気にせず、満面の笑顔で楽しく毎日を過ごせると心理的なストレスも少なくなり、お子様の性格も明るく前向きになることができます。
  5. 身体への負担の軽減

    噛み合わせが良くなることで食べ物をうまく噛み砕きすりつぶせるようになると、胃や腸などの消化器官への負担が軽減され、身体もすっきりします。

お子様の歯並びでお悩みの方

  • 受け口
  • 出っ歯
  • 歯が噛み合っていない
  • 顎が左右にズレている
  • 歯が斜めに生えている
  • でこぼこ歯
  • 早期接触

歯科口腔外科

親知らずの抜歯

正常に生えている親知らずであれば、特に抜歯する必要はありません。
ただし、大部分が歯肉に埋まっている親知らずは、痛みが発生したりや疼いたり、隣の歯の深い部分に虫歯を作ったりと悪影響を及ぼしますので、抜歯することをお勧め致します。

親知らずの大部分が骨の中に埋まっている、根っこが複雑、親知らずが顎の骨とくっついているなど、特殊な症例を除き簡単な手術で終了しますのでご安心ください。